読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さかめも

株もやってるウェブエンジニア。月間80,000PV。田舎で生まれ、上京して7年。大手SIer→ウェブ系ベンチャー→フリーランス→スタートアップ創業期 を経験。お金持ちにならなくていいから好きなことをしたい。好きなことを続けるためにお金が欲しい。

好きって強いよね(好きなことをどんどんやっていこうよというお話)

f:id:sakagami5:20170125164506j:plain

 

最近、ブログを書くのが楽しい!

 

ある程度見られるようになってきたというのももちろんあるけど、単純に文章を書いていることが楽しいんです。

 

巷では、これから

「頑張ってブログ書こう」

って言ってる人も多いけれど、ブログって頑張って書くものなのかなあって思います。

 

頑張るのもいいけれど、それを苦痛が伴わずに好きでやっている人がいたとすればその時点で不利になるってことですよね?!

やっぱりその差って大きい。

 

僕は中学校の時、歴史の授業が嫌いでどれだけ勉強してもテストでそれなりの点数しかとれませんでした。

数学や理科は努力すると点数が良かったので、極端に頭が悪いとか勉強方法が間違っているとかではないと勝手に思っています。

 

でも、もともと歴史が好きな人は、もちろん努力もしていると思うけれど、同じ勉強をしているのにテストで良い点数をとれているだけでなく歴史上の人物なんかを丸暗記までしてるじゃないですか

その人に聞くと、教科書通りに勉強してるとかじゃなくて、ちゃんと内容を理解しているというか、やっぱり詳しいんですよね。

なんでも歴史が好きだとのこと。

 

何が言いたいかというと、それが好きな人がいる時点でそうじゃない人は不利だなあと。

好きでもないものをそういう人と同じ土俵で勝負するくらいなら、もっと得意なことで攻めていったほうが成功確率は上がるし楽しいのではないかなあ。

人生、時間が限られているので可能ならばより楽しめる方向に。

 

嫌いなことについては、ルールに沿ってやらなければならない系統のことは仕方ないけれども、むりやり自分のお尻を叩いて頑張ってやるほどのことではないのではないですかね。

 

嫌いにも関わらず脳みそが拒絶しているところに無理やり詰め込もうとすると、どうしても効率が悪くなるし、ますます悪化していきます。

そういうことはほどほどにして、得意なことや好きなことをどんどんやれば良いんじゃないかなあ、努力の使い道を考え直してみるのもいいのではないかなあ、と思う今日この頃でした。

 

関連記事

芸能人にもファンが多い 水曜どうでしょう の魅力について語る