さかめも

株とブログとプログラミングで生活している東京在住のフリーランス。このブログには毎月10万人が訪れます。田舎で生まれ、上京して7年。大手SIer → ウェブ系ベンチャー → スタートアップ創業期を経験したのちフリーランスに。お金持ちにならなくていいから好きなことをしたい。好きなことを続けるためにお金が欲しい。

スーパー銭湯が好きだ

f:id:sakagami5:20170207145012j:plain

 

以上。

 

いや本当に何もない!

ただスーパー銭湯が好きってだけなんだけど、スーパー銭湯について語ってみる。

 

スーパー銭湯は温泉のために来てるんじゃない

この仕組み考えた人最強。

入り口で鍵をもらって、お風呂に入って休憩室で休んで帰るというシンプルなルール。

 

人によってはご飯食べたり、ゲームやったり、マッサージなんてものまである。

支払いは腕に付けた鍵で。

帰りたくないときはそのまま泊まれたりもする。

 

この値段で少し非日常感を味わえるスーパー銭湯最強。

 

スーパー銭湯で勉強すると捗る

僕はたまにスーパー銭湯で勉強している。

これスーパー銭湯の新しい提案ね!

 

今日は何か勉強したり、本を読みたい日だ!

ってなるとき。

そんなときは図書館とかカフェに行って集中するときあるでしょ?

それって別にスーパー銭湯でもいいじゃない。

 

勉強して風呂に入ってまた勉強する。

腹が減ったら併設されている食堂っぽいスペースでラーメン食べて、また休憩室にこもって学習に励む。

気づいた頃には時間はもう深夜になっており、子供連れはいなくなる。

 

「よし、もう今度はサウナに行ってみるか」

と、もう一度風呂へ向かう。

 

上がったらアイスでも食べて、体を冷ましてからまた勉強モード。

時間が遅いと人もまばらになって静かになり、もう少し頑張ろうと集中。

 

深夜2時。さすがに眠くなってきたし終電ももうない。

好きなタイミングで仮眠室のチェアで横になる。

 

気づいたら朝。温泉に入り、目を覚まして外に出る。

 

ね、最強でしょ?!

昨今は勉強するってなったらカラオケの個室でやる人もいるらしい。

「一人カラオケ」って言葉が一瞬 流行って今は当たり前になってる。

 

一人スーパー銭湯、どうよ?! これ流行るね。

いや、一人で来る人はもともと多いか。

"一人でスーパー銭湯に来て勉強する行為"、これなんて名前にしよう。

 

オススメだから真似しないでね!