読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さかめも

株もやってるウェブエンジニア。月間80,000PV。田舎で生まれ、上京して7年。大手SIer→ウェブ系ベンチャー→フリーランス→スタートアップ創業期 を経験。お金持ちにならなくていいから好きなことをしたい。好きなことを続けるためにお金が欲しい。

渋谷の食堂で隣にいた若い女子の会話が気になってご飯に集中できなかった話

恋愛 生活 日記

f:id:sakagami5:20170305145217j:plain

 

渋谷のセンター街ど真ん中にある激安居酒屋。

家庭的なメニューや味付けで、ランチ定食は量が多いにも関わらず激安。

 

今日の日替わり定食は鶏の甘酢あんかけ。

注文したものが机に運ばれ、さて食べるかと一口お茶を飲んでいたときに、隣にいた女子大生と思われる若い二人組の女性の会話が耳に入ってきました。

 

どうやら彼氏の愚痴らしい。

 

これを僕の隣で話しているのは細め体型で目力がすごい、顔は可もなく不可もなく、鳥居みゆきをショートカットにした風貌の女性。

f:id:sakagami5:20170228160816p:plain

 

その反対側、つまり僕の対角線上にいて鳥居みゆきの愚痴を聞いているのが、体格太めだけどスタイルが良くて顔はかわいい、露出の多い服を着ている柳原可奈子がほんの少し痩せた風貌の女性。

f:id:sakagami5:20170228160904p:plain

 

なにやら鳥居みゆきが社会人の彼氏とケンカ中らしい

鳥居みゆき: ウチの彼氏だいじょうぶかなー

 

柳原可奈子: なんで?

 

鳥居みゆき: 社会人なのに全然働かないんだよー

 

柳原可奈子: え、じゃあどうしてるの?

 

鳥居みゆき: バイトしてるみたい。

 

柳原可奈子: え、社会人なのに?

 

鳥居みゆき: 保険も入ってないんだよ。

鳥居みゆき: お金ないのはわかるけどさあ、保険くらい入っとくでしょ(笑) だって病院すら行けないんだよ。

 

柳原可奈子: めっちゃ心配してるじゃん(笑)

 

鳥居みゆき: 心配もするよ! だってカゼひいたらどうするつもりなんだろう(笑)

 

柳原可奈子: ガマンすんのかな(笑)

柳原可奈子: それってつまりフリーターってこと?

 

鳥居みゆき: そうなるよねー。

鳥居みゆき: でもご飯とか遊びに行くときはお金払ってもらってるけど。それについては「良い心がけだね」って言っといた。

 

柳原可奈子: (笑)

柳原可奈子: これで親に保険払ってもらってるって言ったら幻滅だね。

 

鳥居みゆき: 親のスネかじってそう。でも私も留年してるから人のこと言えないけど(笑)

 

柳原可奈子: そうじゃん(笑) 言えない言えない(笑)

 

鳥居みゆき: しかもこないだもね、聞いて聞いて。コンタクト外すのめっちゃ苦労しててさー。

鳥居みゆき: もう何回もやり直して目が真っ赤に充血してんの。

 

柳原可奈子: (笑)

 

鳥居みゆき: 見てられなくて外してあげた。

 

柳原可奈子: え、他の人のやつ取れるの?

 

鳥居みゆき: 取れたよ。

鳥居みゆき: 「あ、ぜんぜん痛くないー」って言ってた。

 

柳原可奈子: かわいい(笑)

 

鳥居みゆき: いや、マジで心配になるよ。見てられない。もうやめてってなる(笑)

鳥居みゆき: ケンカしてしばらく会ってないから今頃、目が充血してるんだよ。

 

このあと夜の話になり、もうセフレでいいじゃんって話で盛り上がっている途中で店をあとにした。

 

女子会っていつもこんな話してるの?

横で聞いてる分には面白かった(笑)

しかしめっちゃこわい。

もし自分の彼女とかにこんな話されてたらつらすぎでしょ(笑)

 

こんな天気の良い真昼間に薄暗い庶民的な食堂の雰囲気の中で、ラジオのようにじっくり聞いてられてしまいました。

でももう少しボリューム小さめでよろしく頼みます。