さかめも

株とブログとプログラミングで生活している東京在住のフリーランス。このブログには毎月10万人が訪れます。田舎で生まれ、上京して7年。大手SIer → ウェブ系ベンチャー → スタートアップ創業期を経験したのちフリーランスに。お金持ちにならなくていいから好きなことをしたい。好きなことを続けるためにお金が欲しい。

どうしてブログや株をやっているのかという理由を聞かれて困った話

f:id:sakagami5:20170328113845j:plain

 

僕はエンジニアとして仕事をしている他に、ブログをやっています。

 

そこでよく言われるのが、

「儲かってるんでしょ??」

って話。

 

ぜんっっっぜんそんなことない!

ない! 1ミリもない! ないないない!!!

 

そもそも儲かってたらすでに働いていません。

 

でもありがたいことに株のほうはかなり頑張ってきて比較的うまくいっているほうで、それなりに安定して収入が入るようになってきました。

だから株のおかげでできた少しの余裕分だけ働く時間を減らして、空いた時間をブログに当てているイメージ

つまりはプラマイゼロ。

 

だから今までと何か生活水準が変わったかというともちろん何も変わるわけがなく、あいかわらず夜ご飯は王将とオリジン弁当とスーパーの惣菜をローテだし、楽しみといえばたまに友達と飲みに行くくらい、服もユニクロだし、しかもこれで十分満足できている

 

だから僕の場合これ以上収入が増えても何も変わらないし、貯金があっても意味がない。

 

ブログや株をやっている理由

そしたら

じゃあなんでそんないろんなことやってんの?

って話になるんだけど、良いこともあってそれは

 

必要以上に働かなくてよくなった

自分のやりたくないことをやる時間が減った

 

ということ。

 

僕の場合はこれ以上生活水準をあげる必要がないから、それよりも労働時間が減って好きなことができていたほうがよっぽど幸せです。

 

僕がエンジニアとして7年間会社で働いてきてわかったことは、

一生プログラミングやって会社で働いていくなんてできねーな

ってこと。

これはあくまでも僕個人の話で、できる人は今のままで全く問題ないと思う。

 

もちろん仕事である以上、自分の好きなことばかりできるわけがないし、みんなそれをわかっていて我慢してやっていることも多いと思う。

 

だけど自分はそれでもどう頑張ってもこのまま続けていくのは限界だなあと感じることが多いし、プログラミング自体はそこそこ好きだけど、本当に普段から技術に真剣に向き合っている人と、同じ土俵で勝負しようと思ったら勝てっこない

そもそも仕事でガッツリやるほどの意欲がないし、そもそも会社で働くということが好きではない。

 

逆に言えばプログラムが好きすぎて仕事でずっと向き合っていきたい、という人にとってはエンジニアはとても良い職業だと思う。

 

だけど僕はそれができないから、今こうしているのはそうせざるをえないということのほうが正しい。

僕がたまたま今 勝負できる駒がこれしかないっていうだけのことだと思う。

 

株式投資をね、さらにいろいろ手を出そうと思ったら、デイトレやら先物やらFXやらやろうと思えばなんでもできるわけ。

ブログをね、もっとビジネスに繋げようと思ったら別のブログを立ち上げたり、記事を外注したりできるわけ。

 

でもいま以上のことをやろうと思ったら楽しくないし、あれもこれもやらなきゃって朝から晩まで働いて、結局は毎日続けられなくなると思う。

時間は限られているんだから、もっと自分の人生も大事にしましょうっていう話です。

 

だから僕にとって今のプログラミングと株とブログのバランスは絶妙で、これ以上でもこれ以下でもない、やっと見つけた唯一の僕が幸せに生きるための黄金比率なのです。